セフレ掲示板で釣れる対象【不倫 人妻 ビッチギャル】を狙え!

運命の人を待つ間は、セックスフレンドと気楽にやろう!

みなさんは、恋愛をしていて、とても面倒なことに行き当たったり、どうでもいいようなことに一喜一憂して、時には暗く沈んでしまったりしたことはないでしょうか。たとえば、恋人ができると、電話やメール、デートなどによって、自分の時間は削られてしまいます。ひとりだったときとは比べ物にならないくらい忙しくなるのです。

そのうえ、それら恋人とすることのすべては、相手を喜ばせたり、気持ちを繋ぎとめておくといった性質をはらんだものでありますから、絶えず気を遣わなければならず、メールならメールで言葉遣いや言い回しのひとつひとつに注意し、デートでは相手を退屈させぬよう話題をひねり出して、行くところも前回とはまた違った趣の場所にするなどの工夫が必要となります。

それが毎日のように、あるいは一週間ごとに、ともかく一定の周期で要請されるのですから疲れます。自分の趣味や目標のために費やす時間は減り、かといって、相手から何か絶大な利益を受けられるのかというと、そうではありません。

愛する人と一緒にいられれば、それだけで幸せなのだ、という考えもあるでしょうが、しかし現代において、そのたったひとつの事柄のために、好きな人にどこまでも尽くせる人というのは、あまりいないのではないでしょうか。相手に何かをしてあげるとき、そこには、そのお返しをしてほしい、そうしてもらえるはずだといった打算が、少なからずあるはずです。

けれども、返礼の気持ちがあるにせよ、その程度や仕方は人それぞれでありますから、何かを捧げたほうは、およそ満足のいかぬ方法で報いられることも多いため、疲れたり、苦しんだりしてしまうわけです。そしてそこから、これだけやっても、この程度のお返ししかしてもらえない、だったら何もかも面倒だ、といった気持ちが生まれるのです。

返礼を期待するという気持ちは、相手を独占したいという願望と言い換えることができます。なぜなら、たとえば彼女のためにならなんでもする男性がここにいたとして、その彼女が、こともあろうに浮気でもすれば、その男性は必ず「俺はこれだけのことをしてやったのに……」と自分の捧げたものを思い返して、先ほど書いたことと同じような気持ちを抱き、そのうえ、裏切られた、とも感じるはずであるからです。

そうすると当然、これだけのことをやっても、報われることはないのだから、恋人に対して何をするのも面倒だ、という気持ちが湧いてきます。

たとえ浮気ほど大きな話でなくとも、あなたが、その恋人になんらかの返礼を求める気持ちは、彼女の行為全体を監視します。その彼女が、男友達と二人きりで遊びに行ったり、その夜になぜか連絡がつかなくなったり、こちらが一所懸命に話しかけても退屈そうにしていたり、相手にしてくれなかったり、ちょっとしたことで文句を言われたり、そのほか何か意見の食い違いの出たりしたときに、あなたは、裏切られたという屈辱的な感覚を味わうこととなるはずです。

相手に恩を着せているからこそ、彼女のちょっとした行動、発言が気にかかり、それによって苦しんだり、つらい思いをしたりするんですね。それが恋愛というものなのです。

セフレをつくる

恋愛が面倒だとか、苦しいとか、つらいとか、そういうふうに感じる人たちはやがて、セックスフレンドがひとりいれば、恋人なんていらない、という考えに行き着きます。恋愛からくる苦悩を知っているからこそ、そのような考えに落ち着くのです。考えてみれば、恋愛というのは、その大半が、たとえば10人と付き合えばその九割の人とは、決してうまくいかない、いずれ別れることになるものです。なぜなら、恋愛のゴールを結婚と考えた場合、結婚する相手はひとりなので、当然その他の人たちとは別れてしまうことになるからです。

ということはつまり、どうせ別れるとわかりきっているような相手の言動に、一喜一憂するような、そんな無駄な恋愛と苦悩を、人間は多く経験しているということです。だとすれば、心から愛せると感じられるような、金や仕事や地位、ルックスなどの打算抜きに純粋に好きという気持ちの湧いてくるような相手が見つかるまで、セックスフレンドで急場しのぎをしておいたほうが、ずっと利口であるといえます。

そうすれば、恋愛の面倒ごとに悩まされることはありませんし、どうでもいいことで苦しんだり、悲しんだり、嫉妬したりする必要はありません。ただ性欲を満たしつつ、その傍らで、運命の人を探す、というよりは、数々の出会いを経て、そういう人が目の前に現れるのを楽しみに待つことができます。

セックスは恋人としかしてはいけないのか

セックスは好きな人とでないと、してはいけない、と言う人が、今でもたくさんいます。しかしその考えは間違っています。なぜなら、恋人同士であろうと、セックスフレンドであろうと、彼らのするセックスは本質的に何も違わないからです。

なんのためにセックスをするのか、それは生物学的にいえば、子供をつくるためです。しかし今日では、婚約しているのでもないかぎり、恋人たちのするセックスというのは避妊具を用いたものであり、本来のセックスの意義からはかけ離れたものであることがわかります。

ではなんのためにするのかというと、それは間違いなく、快楽を得るためです。快楽を得るために恋人たちはセックスをするのであり、それはセックスフレンドたちのするセックスとなんら変わりはありません。外国はどうだか知りませんけども、少なくとも日本は、どちらかといえば禁欲的というか、性の話題を子供から遠ざけようとします。家族で観ているテレビ、そのドラマや映画の中でベッドシーンが出てきたら、ちょっと気まずくなりますよね。

このように日本人というのは、とりわけ女性というのは、その環境のため、漠然とではありますが、セックスを「してはいけないこと」というふうに捉えているのです。だからこそ、誰彼構わずセックスをする人に批判が集まり、そういった体のみの関係を否定する、そうでなくとも嫌なイメージを持つ人が多いのです。

そこで、愛し合っているという気持ちが持ち出されてくるのです。愛のあるセックスというのは、いわば、免罪符のようなもので、自分のするセックスを行為として正当なものだとするために持ち出されるのです。恋人であれば快楽目的のセックスをしていいけれども、セフレは駄目だ、このように言うのは、自分がセックスを背徳的な行為であるとどこかで認識していること、また好きという感情でそれを正当化していることに気づいていない人たちです。

やっていることは同じなのに、いや俺のほうはこういう気持ちを持っているから、俺のほうが高尚だ、などというのは、明らかに馬鹿げています。こういったわけで、セックスフレンドも恋人も、セックスに関しては大してやっていることに変わりがないことがわかりましたね。であれば、本気で好きともいえないような相手、たとえば相手の人間性にではなく、財力やルックスなど、その他の付帯的な物事を「愛」の根拠とするような恋愛、あるいは、自分でも本気で好きではないとわかっているような恋愛は、まったく無駄なものであり、最初は良くとも、その後はすこしずつ苦痛の感じられるものとなるでしょうから、セックスフレンドでも作って、運命の人を待ったほうが利口であるといえましょう。

もしあなたが、そういったセフレなどといったものへの偏見から、そういう相手を作るのをためらっているのなら、すぐに考え直したほうが身のためです。いやセフレは絶対にいけない、私は、俺は恋愛をするんだ、と考えて恋人を探し始めると、それはかえって、妥協的な判断のもとに選んだ人物を、運命の人と錯覚する、あるいは自分を騙してしまう原因となります。何事も肩の力を抜いて、すこし気楽にやっていたほうがうまくいくものです。

ただ、セフレがいるという事実はやはり、今の社会では否定され、非難されるものでありますから、それは秘密として周囲には隠しておいたほうがよいでしょう。セフレができたら、その人と相談して、この関係のことは周りに言いふらさないことを約束してください。

特に女性は気をつけないといけません。写真や動画を撮りたいと言われても、絶対に断るようにしてくださいね。このように警戒しつつ相手と付き合っていくのが、セフレで生活を充実させるコツなのです。